初動負荷理論

初動負荷理論
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: メニュー, 検索
初動負荷理論とはスポーツトレーナである小山裕史が唱えたトレーニング理論。コアトレーニングとの関連も見られる。

「初動負荷」とは「実際の運動に近い、自然な負荷(の与え方)」を意味し、運動の発動時に負荷のピークが存在することである。 例えば重い物を持ち上げる時、一番大きな力が発揮されるのは最初に地面から物が離れる瞬間である。こういった初動時にピークがくる負荷が人間が自然に体験する本来のものであり、「初動負荷」をトレーニングに導入することで柔軟性が増し、身体本来の合理的な「動き(フォーム)」が取り戻せるという。運動形態としては拮抗筋の共縮を防ぎながら、主導筋の弛緩、伸張、短縮の「SSC」を機能させる所に理論の特長があり、また、PNFが機能する点でリハビリなどへも効果を発揮する。

逆の例として、ゴムチューブを利用したトレーニングの場合、負荷となる収縮力はチューブの伸びに比例するから運動の終わりに向けて負荷が増大していく。本理論ではこういった負荷形態を「終動負荷」と呼んで筋肉の硬直を招き、動き作りの妨げになるとしている。

初動負荷の実現には フォームを工夫した懸垂やプッシュアップ、スクワット等の一般的なトレーニング、もしくは専用に設計された機器を用いたマシーントレーニングが行われる。動作初期に加えた力を負荷の加わる仕事を動作終盤には惰性によって完了する事。また反射を促進するために、負荷を漸減させる事。(ここでいう負荷は身体の重心変化によってかかる負荷もその一つとしてカウントされる。)

有効的な体の使い方鍛え方の方法の一つだ。

Leave a Comment